世界先端のグリーン製造とスマート製造のソリューションプロバイダー

【業界の動き】プリント基板の製造知識

时间 - en:2018-09-06 分享到 - en:

中国の基板製造について

 近年の中国のプリント基板製品においては非常に多くの市場規模が拡大しており、たくさんのスタッフが導入されたことにより人件費が抑制されています。


 こうした取り組みにより、日本のプリント基板メーカーがどんどんと中国市場に参入しており、多くの日本人スタッフが現地でアドバイザーをつとめています。


 こうした取り組みがどんどんと定着してきており、最近では品質問題においても、十年前と比較しても非常に少なくなってきていることから、安心して中国メーカーのプリント基板を使用することができます。


 特に最近になって話題になっているのが、製品の工場をどんどんと海外に移してきており、日本の製品に関してはあまり国内では生産せずに、人件費の安い海外での生産が中心となってきます。


 このため、多くのメーカーの人たちが現地に入って技術指導をすることで、高品質で価格の安い製品を作り出すことができています。


 現在では各種メーカーの製造も安定してきており、製品の売り上げも増加しています。


中国の基板製造の特徴

 中国のプリント基板製造メーカーは約4000社もあります。


 そのうち、上位50社から100社は特に規模が大きいため技術、設備とも整っており、大きなトラブルになることは比較的少ないです。


日本の「プリント基板」製造について

 日本のプリント基板の製造は会社や産業の規模に応じて下層に分化される事が特徴で、プリント基板の歴史において度々製造の構造が変化してきました。


 時代の変化と共に産業の分類が改定される中で、各企業が品質の高い製品を世界に出したり、産業の大幅な再編によって製造業を除く産業にも影響を与えています。


 近年は印刷の正確さと迅速さを重視したプリント基板の製造に力を入れている企業が増えていて、技術の進化によって綺麗な活字を形成する事で経営に成功する企業が目立ちます。


 電子の回路に関する生産の数量は年々増加していて、順調に売上を伸ばす企業が多い中で、日本だけではなくて世界に通用するプリント基板の形成に力を入れる会社が信頼されています。


 1回の操作で効率良く両面を印刷したり、リジッド系のモジュールを活用しながら印刷する技術を取り入れる企業が急増しています。


 近年は紙面だけではなくて店舗に使用するのぼりに使える製品を出している企業が注目されていて、印刷の依頼の件数が増えています。


日本の「プリント基板」製造の特徴


 プリント基板とは、樹脂などの材質の基盤に電子回路を取り付けて敗戦をつなぐ役割と担った電子機器部品の事をさします。


 プリント基板は現在世界中で使用されている機械部品であり、日本も世界の市場の中では多くのシェアを獲得している製品の一つです。


 なぜ日本の機械部品の中でプリント基板が発展したのか、それは日本の歴史と関係しており主に高度経済成長期からシェアが増え始めています。


 機械部品全てのものにおいて現在欠かせない部品となっており、高度経済成長期に大量に電子機器を量産し始めた日本にとってはまさに必要不可欠の部品となったのです。


 そのため、日本の製品の特徴として部品のブロック化が顕著に見られるようになり、電子機器の修理の簡易性を可能にしました。


 電子機器を量産していた当時の日本では修理の簡易性はニーズがあったため、これが日本製品の大きな特長となったのです。


 またこのプリント基板製法を用いることで配線の簡易性からミスの削減、その結果商品の信頼性が保障されるため日本製品の特長として安定性があるという点も挙げられます。


「プリント基板」の市場シェア

 近年では非常に多くの電子機器が開発されるようになってきており、それに付随して電子機器を実装するためのプリント基板に関しても多くのニーズが存在するようになってきました。そのなかでも、実際に評価したり特性を出すものとなると、海外などのメーカーを利用することも多くなってくるため、メーカーの選定が非常に重要な要素となってきます。


 最近のプリント基板メーカーの市場シェアについては数年前は日本の占める割合が非常に多かったのですが、最近になってからは価格を安くおさえることができる中国の市場シェアも拡大しています。特に人件費が安くおさえることができるため、多くの企業が中国にプリント基板の設計を依頼することが多くなっています。また、現在の日本の市場においては高品質かつスピーディーに納品することができるようになっているため、顧客の要望が非常に変わりやすい短期開発の製品に関しては海外よりも国内で発注することが多くなってきます。


「プリント基板」の世界の生産量について

 プリント基板の世界の生産量は右肩上がりに上昇しています。その背景にあるのはIT産業の好調にあります。スマートフォンや携帯電話が支えています。今では身近な存在となり人々の生活を支えていうます。プリント基板は生活になくてはならない存在です。様々な電子機器に採用されています。どこの家庭にもある電化製品に使用されています。通信機器だけでなく生活家電にも多く搭載されています。炊飯器や電子レンジから洗濯機まで幅広い分野に使用されています。 


 プリント基板の世界の生産量はとどまることはありません。発展途上国や新興国での電化製品の普及が拍車をかけています。ますます増大するプリント基板の世界の生産量の多くはアジアで占めています。 産業には欠かせない部品ともなっています。最先端部品でもあります。さらなる小型化や省エネが求められて、どんどんと薄く小型化されています。宇宙分野でも使われています。特殊な分野で使用されるものは、小型化だけでなく品質と安定性が求められています。


 この記事はネットの公開資料からまとめたものです

 参考になるウエブサイト:http://www.filmindustrio.com/


上一篇 - en: 【業界の動き】日立マクセル、グラフェンコート振動板を採用したハイレゾリューション・オーディオ対応カナル型ヘッドホンを発売 下一篇 - en: 【市場】中国が世界の自動化をけん引 ロボット技術で日本や欧州と競争 返回列表 - en

全球研发总部(中国广州)

汇专科技集团股份有限公司是集研发、生产、销售一体的绿色智能制造解决方案提供商,总部坐落于广州科学城,在广州、深圳、香港等地均设立了6家子公司。