世界先端のグリーン製造とスマート製造のソリューションプロバイダー

【市場】中国が世界の自動化をけん引 ロボット技術で日本や欧州と競争

时间 - en:2018-09-03 分享到 - en:

 2018年6月19日、隔年開催のドイツ自動化関連見本市「AUTOMATICA」。


 AUTOMATICAがメッセ・ミュンヘンで開幕した。この深い影響力を持つ自動化業界の祭典において、哈工大ロボット集団(HRG)などの中国企業が、多くのスマート製品とソリューションプランを持ち登場した。香港紙・文匯報(電子版)が21日に伝えた。


 中国の産業用ロボット応用の市場規模は、数年連続で世界一となっており、高い成長率をキープしている。中国のロボット技術も進歩中で、特許出願件数は累計13万7000件以上で世界最多となっている。中国は世界ロボット産業・技術発展で最も活力あふれる国に成長している。


 産業用ロボットの需要、3台中1台が中国

 米ニュースサイトの3月19日の報道によると、製造業の自動化の需要が成長を続けているが、これを根本から促しているのは中国だ。中国経済の世界経済に占める割合は15%未満だが、自動化技術に対する需要はこの数字の2倍以上だ。


 HSBCは報告書の中で、すべての製造業自動化の需要に占める中国の割合は3分の1弱であり、その年平均成長率は21%に達する見通しとした。北米の成長率は7%と見込まれている。


 自動化の理念はどこで最も広く受け入れられているのだろうか。それは米国や欧州ではなく、中国が世界をけん引している。中国はもはや安価な労働力の提供者ではなく、「製造業自動化国」になっている。


 製造技術、日本や欧州と競争

 需要は生産力と研究開発力の向上を促している。


 産業用ロボット分野において、中国は3年間に渡り生産・販売拡大をキープしている。2017年の生産量は前年比68。1%増の13万台。付加製造の産業規模も2015年の55億元から2017年の100億元に拡大している。


 中国はロボット技術の開発で猛進し、初めて日本や欧州と直接競争できるようになった。中国はさらに、産業用ロボットの製造ペースを容易に引き上げることができる。こうすることで今後14年間で数百万人の雇用が消失する可能性がある。


 中国のサプライヤーが外国の競合他社を追い抜くにはまだ長い道を歩む必要があり、かつ重要な部品開発の面で立ち遅れている。


 専門家の蘇連傑氏は、中国の製造メーカーが競合他社を追い抜くのは「可能か」の問題ではなく、「いつ」の問題だと述べた。「中国のロボットメーカーは依然として、外国企業から重要な部品を購入すうる必要がある。例えばトップレベルの減速歯車を製造するのは主に日本で、ドイツ企業はロボットアームとロボット画像処理技術でトップの地位を占めている」


 蘇氏はさらに「中国のロボットサプライヤーは、完全に独自の水準に達するまでには、まだ長い道を歩む必要がある。しかし中国のその他の技術業界の状況を見ると、これはできるかという問題ではなく、いつになるかという問題だ」と補足した。


 また中国のロボット産業には、地域によって発展が不均衡という特徴がある。報告書によると、昨年末現在の全国のロボット関連企業は6500社以上に達するが、これは北京・天津・河北地区、長江デルタ、珠江デルタに集中している。


 国家製造強国建設戦略諮問委員会委員、中国ロボット工業連合会元執行副会長の朱森第氏は「全体的に見ると、2015−25年の10年間は、中国ロボット産業が飛躍する時期だ」と述べた。


 この記事は「中国網日本語版(チャイナネット)」から転載されたものです。


 発信時間:2018年6月25日午前 10:55:39

 http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2018-06/25/content_53373069.htm


上一篇 - en: 【市場】富士経済、炭素繊維複合材料の世界市場調査結果を発表  下一篇 - en: 没有了... - en 返回列表 - en

全球研发总部(中国广州)

汇专科技集团股份有限公司是集研发、生产、销售一体的绿色智能制造解决方案提供商,总部坐落于广州科学城,在广州、深圳、香港等地均设立了6家子公司。